ただの主婦

子育て、日々の事、時事、思想、ただの持論、旦那一回り年下

モチベーションの違い

「~べき。」が、なかなか割り切れず、頑固な頭で成長してしまっている。

 

いろんな症状やアンガーマネジメントの考えでも、このこだわりは良しとされない。

 

要は確固たる思考で、自分を抑制し続けている結果、見えないストレスやコミュニケーションにおいて、無意識に相手を追い込みかねないからだ。…と、思う。

別に専門家じゃないから。

 

で、この間とある勉強会に参加させていただいた。

 

この勉強会の参加は任意。

特に資格もなく、主に生活圏のお勉強というか。

カウンセリングではない。セミナー寄りのガチ勉。

 

ここに参加したのは男女15名。

年齢は20代から70代と幅広く、仕事につなげる方から自分を高めたいからとか、理由は様々。

 

とくにロールプレイングやプレゼンもなく、二日間で16時間講義を聞き続けるだけという。地獄。

 

つまりただの個人のやる気次第の会なのだ。

 

私は以前起業(企業)セミナーへ行っていたときも、そのあとの起業家の勉強会も一日も休まず、講師の一字一句をもらすまい!!と、最初から最後までノートに書き続けていた。

 

そして、休み時間には殴り書き部分を訂正し、ノート後方に清書することで聞いたことは全文暗記した。

テキストなんか千切れるほど読み返し、ページごと丸暗記した。

(写真のように記憶できるが、速読は苦手)

 

・・・って人に今まで出会ったことが無い・・。

 

今回も初回午前中くらいまではみんな熱心だが、お昼ご飯食べると眠くなるのか寝始め、夕方になると飽きちゃったのかスマホでゲームしている人がいた。

 

そして最終日、一時間目から寝ていたり動画見ていたり。

 

・・かえれ。

 

何しに来たんだろう。この人たち??って怒りすら覚えた。

 

起業家の集い??では、もはや仲良しごっこ

自社をいじりディスり、底辺から近づいて相手のすべてを聞き出す会話。

 

講義より周りとつながろう!!って必死で、ドン引きしたので、握った名刺を握ったまま帰った。

向いてない。

 

 

以前子育てでも語ったけど、自分の子を卑下して話す人が嫌いだ。

例えば「うちの子こんなこともできないのに、みんなすごいわー」

 

っていうやつに限って、自分の子が一番だと思っている。

 

でも、わざと下手に出る。

そういう策士は何でも人と比べて、情報を探ってくる。

いずれ自滅して孤立するから近づかない。

 

もとい、勉強する意思があって参加しているのに、なんで全力で学ぼうとしないのだろう。

 

参加もタダじゃないし、時間だって無駄だ。

 

私は貧乏性なので、元を取ろうと必死になってしまう。

って書くと本末転倒だが、それもありきでこの学ぶチャンスを逃すまい!と躍起になる。

 

だから、周りのモチベーションの差に圧倒されてばかりだ。

バカばかりなのか、もしくはもっと崇高なのかどっちかだ。

 

大人になると、改めて誰かの話しを聞いたり、何かを掘り下げる機会が薄れる。

今なんてちょっとしたことも検索で解決するので、調べる経緯も端折りがち。

 

私は中学校の時、テレビで特集されていた「ポンペイ」が衝撃的で、図書館に一週間くらい通ってコピーしたりノートにまとめていた。

どこに提出するわけでもなくだ。

 

そういう経験って、学校の時に「やりなさい」って課題でも出されないとやらないし、すぐ解決するなら頭にも残らない。

 

私は意図してスマホを持っていないが、このツールで経緯を無視した思考の新人類が育っているのだな。と、感じた。

 

それはそれ、っていう世の中かもしれない。

世の中大多数を占めていればそれが「普通」だから。

 

ただ、アナログ世界から見上げるとなんかみんな短絡的というか、心が無いというか。

 

合理的に薄い氷の上を滑って進むような考え方なんだな・・と、意気消沈した。

 

人それぞれだから、私の考えもただの一端。

わざわざ時間とお金を割いて学びに来て、モンストやってる方に一度勇気を出して理由を聞きたい。

 

 

・・まあ、どう聞こうとしても「お前キライ」が露呈しそうだけどな。