ただの主婦

子育て、日々の事、時事、思想、ただの持論、旦那一回り年下

ネタバレしかないけども

「ミスト」という映画を見た。

誰かと文句タレながら見たい映画だった。

 

誰も見ないと思うので、ネタバレする。

 

そもそもウォーキングデッドが好きで、その俳優さんが出演中!というコメントを読んで見てみた。

 

‥出ていたのはウォーキングデッドでもワンツーで嫌いな二人だった‥。

監督もかつての超名作映画のバッテリーだっただけにガッカリ感半端ない。

 

 

内容は、ただの未確認生物の殺戮のパニック映画。

 

ある町で霧が発生。

霧のなかには何かが潜んでいて、殺戮が始まる。

 

そんななか、早々にスーパーを閉鎖し50人近くが避難。立てこもる。

この50人の人間模様が主体だ。

 

いくつかエピソードがあり、未知の生物が虫の形態だとみんな認識する。

 

でも夜に煌々とライトをつけるから、未知の生物(虫)が集まり、潜伏先に侵入してしまう。(予測できてない)

 

誰も穴を塞がないし、ライトも消さない。

 

あちらこちらで誰かが一匹ずつ棒で非効率に倒し、人間模様も取り散らかって烏合の衆。

 

挙句の果てに自爆で潜伏先に引火。

犠牲者も出す。

 

 

火でさらに虫が集まる。最悪。

 

 

誰も穴を塞がない。虫ダダ漏れ

指示をするヤツがいない。

 

主人公は自分のことで精一杯。

 

そんななか、スポットがあたった二人が息を引き取る間、外野がさらっと駆逐完了。

穴も誰かが塞いだようだ‥。

 

もう時間割り通りのストーリー。

 

パニック→閉じ込められる→事情を少し知る第一証言者登場→犠牲者→事実を信じない人騒ぐ→混乱→信じない人離脱→未知の生物に襲撃受ける→怪我人→薬品確保のため有志が移動→離脱した信じない人達全滅発見→実は虫に寄生されてる→卵孵化‥こんな流れがまさかの一日の出来事。

 

どっかで見た様なマニュアル通りの急速展開。

 

二日目になると一人の宗教信者が持論をまくし立て、40人近くを洗脳できちゃう。統率して、怒涛を組んでなぜか主人公達に仕向けてくる。

 

しかもたった二日で近所のおじさんやスーパーの店員が、平気で人殺しできちゃう強メンタル。

 

なのに肝心の自衛隊の様な方達は、二日目で勝手に自殺するガラスのハート。

 

まさかの2、3日で主人公達が絶望し、突然車中で集団自殺

あんなに守った息子まで躊躇なく殺す。

 

 

‥で、死に損なった主人公錯乱。

 

 

‥している最中に救助が来る。

集団自殺してから5分くらいの映像で事態は急速に解決する。

 

 

そして早い段階で単独行動を選び、出ていった、ウォーキングデッドの彼女が最後にさらっと登場。(流石)

 

何も解明されず終わる。

 

 

胸くそ悪いー!!

 

 

かつて金曜ロードショーで何度も放映されたゼイリブ以上に胸くそ悪い。

 

 

もう人の感想や、ネタバレや考察を全部読んでから「これかー」って確認する感じで見る映画。

 

 

新しい鑑賞の仕方かも。

私は無理だった‥。