ただの主婦

子育て、日々の事、時事、思想、ただの持論、旦那一回り年下

安倍晋三さん

安部元首相が亡くなってしまった‥。

 

私は支持する党もいない、無党派層のその他大勢なわけで、政治も「それ相応」しか理解していない。

 

そんな私の素直な気持ちなのだけど、安部さんがちょっといたたまれない。

 

 

まず、首相として政治的な背景も背負うお仕事である。

 

これは大前提とするが、中国や韓国では顔写真焼かれたり、人形作られて爆破させたり、過激に抗議を受けていた。

 

これも表現の自由‥かもしれない。

 

どうしようもないフラストレーションを、全力で表現し現状打破したい、要求を聞いてほしい!

 

‥は、理解する。

 

でも絵的に、もし自分の写真がよその国で焼かれていたら、自国よりも衝撃的で、精神的に一歩も外に出られないくらいのダメージはある。

 

わかってはいても‥だ。

 

そうやって様々な反響を受け、森だのかけだのチクチク未だに話題に上がっていた。

 

 

自業自得もあるかもしれない。

 

首相だから背負うものが大きすぎるからかもしれない。

 

でもいざ亡くなって、各国にコメントを求めると「偉大な政治家だった」「残念無念」のような言葉が羅列する。

 

 

‥は?

 

って、正直思う。

 

 

私は両者をよく知らないから、見ているものが全てだ。

 

ただシンプルな事を言っているだけなのだが、なんか違和感を感じ、人間不振になりそうだ‥と、いたたまれない気持ちになった。

 

きっと心配したり悔やむ方は、反日で騒いでいたり、反安部政権ではないだけの話だろう。

 

わかってる。

 

わかってるけど、メディアの手のひら返しというか、切り取り方の意地の悪さ。

 

かわいそうって思うのもおこがましいが、無念に思ってしまった。

 

菅前総理の時も思ったけど、何か必死になって通そうともがいても、NOは絶対存在する。

 

ただ、山を動かすことに対して身を粉にしてる人をなにもしてないくせに評価するのは失礼だ。

 

ましてや皆が選挙で選んだんじゃん‥。

 

もちろん右に習えじゃ能もないし、監査や議論しないと独裁国家だ。

 

でもさ、発信のしかたやその受け取りかたって外野が考えること。

 

視聴者はセンセーショナルだけで食いつくと思われているようだが、何かしらの印象操作に自分たちも気づかなきゃって思った。

 

ママ友とかもそうなんだよな。

いらん情報巻き散らかす人いる。

 

菅さんも安部さんも本当は全然違う人間性だったのかもしれない。

 

色んな立場の狭間でもがいていたのかもしれない。

 

‥私の想像でしかないけどさ。

 

 

ただ言えることは、私には到底できない事に尽力してくださった方。と言うこと。

 

そういう方と同じ時系列に居たこと。

 

その事実だけの繋がりで安部さんを思うと、頑張ったね。って心から言ってあげたい。

 

 

ただそれだけ。